ライフステージに合った保険選び

ライフステージによって必要な保険を選びましょう

生命保険はライフステージに合ったものを選ぶ

社会人になると独身でも既婚者でも生命保険の事は必ず話題にあがります。社会に出て、自分の命とそれに関わる人という事を考えるからかもしれません。また、企業によっては特定の生命保険会社の人が入っていますので、そういう人からも説明を受けて意識をし始めるのかもしれません。いずれにしても、生命保険の加入を考える時、自分のライフステージに合ったものを選ぶことが必要です。例えば、既婚者で子供もいる人であれば自分が一家の収入源ですので、万一に生活がどうなるかを考えて、生活費に困らないようにある程度保険料がおりてそのお金で生活が何とかなるような生命保険を選ぶことが必要です。一方独身であれば、配偶者や子供もいないのだからそこまで高額な生命保険を考える必要もなく、両親が困らない程度に自分の葬儀など後処理が出来るような金額で良いと思います。今、自分がどのライフステージに立っていて将来設計がどうなっているのか、そこをまず考えた上で生命保険を選びましょう。

保険見直しの時期

生命保険、ライフステージに合わせて見直し

就職と同時に、親の付随でかけていたような、生命保険から、自分だけの、独立して生命保険に加入する人が多いだろう。就職して、どこの保険会社に、どれくらいの保証を載せてかけるのか、思案しながら、加入する。そして、結婚、出産、住宅購入、子育て終了、老後、ライフステージをステップするたびに、保険の内容を見直ししていくことが重要だ。子供がいて、専業主婦の奥さんを養い、賃貸住まいの場合、一番、保障ももちろんだけど、死亡保険金なども、かなりかけておかないと心配である。また独身貴族の場合は、葬式代程度の死亡保険金額で構わないが、自分が病気や怪我で働けない時のために、入院、治療などの保証は手厚く必要である。また定年退職し、子育ても終わった場合も、治療などは手厚く、死亡保険金額は少なめになど、ライフプランに合わせて、常に見直しをしていこう。

保険見直しの注意点

生命保険を見直したいなら

生命保険、入っているけど実際にこれで良いのか分からない!という悩みは多いもの。社会に出たと同時に知人から勧誘されてそのまま…とか、親が入ってくれていたのをそのまま…という形で継続している人も多いよう。しかし!生命保険こそ、生活に合わせて見直すべきものなのです。昔のように終身雇用の会社も少なく、結婚や出産でライフスタイルはどんどん変わってゆく。その都度、どんな保険が自分に、また家族に、そして家計に合っているかを見直すのは大事なこと。子供達の成長も含めて万が一の時に必要な保証額も想定できれば、より見極めがつけやすいでしょう。セールスマンが「継続をお願いします」と言って来た時が見直しのチャンス。最近は無料で保険の相談が出来る窓口も増えていますから、たくさんの情報を集めて、最適なひとつを選びたいものです。

page top